システム開発

独立系のソフト会社なので、さまざまな業種、さまざまな開発環境のお仕事をお取り扱いしています。

中でも基幹業務系、大学関連業務の開発を得意としています。

目指すは『ホームドクター』、はたまた『町の電気屋さん』

当社のコアとなる事業はシステム開発ですが、目指しているのはお客様のパートナーとしてお客さまの未来創りのお手伝いをすることです。システム開発はそのためのひとつの手段にすぎません。

ですから『ホームドクター』のように何でも気軽に相談できて、『町の電気屋さん』のように電球1個から気軽に頼める関係が、理想の姿です。

「○○システムを作りたい」という具体的なイメージがなくても構いません。困っている事、めんどうに思っていること、「こうなったらいいなあ」と感じていることがありましたら、お気軽にご相談ください。

強みは『Spice』

当社には、長年の開発ノウハウを集大成した『Spice』(スパイス)という名の開発標準があります。

『Spice』を構成する主な要素はワークシート。

当社では、システムを開発する上で必要なすべての作業には、必ず何かしらのドキュメントがセットで存在します。そのドキュメントの書式をあらかじめ用意したものが、『Spice』のワークシート『Sp-Works』です。

言い換えれば、『Sp-Works』を順番に埋めていくだけで、プロジェクト管理、設計、製造、テストが、効率よく、漏れなく進んでいきます。そしてそれが、ハイクオリティ、ロープライスを実現します。

『Spice』を構成するもうひとつの重要の要素は教育です。

お客様と向き合う上で大事なことやシステムを作り上げる過程で大事なことを、独自の教材、カリキュラムで教育します。

キーワードは『Simple is Best』

システム開発は未だに失敗の多い業種のひとつです。

よく建築業界と似ていると言われますが、建築業界よりはるかに多様性に富み、あいまいな点では、まったく別物と言っても過言ではありません。

『Spice』でも失敗の原因を分析し、失敗しないためのノウハウを随所に埋め込んでいますが、もっとも重要視しているのは『Simple』であること。

ほとんどのシステムは、過去のしがらみや未来への期待、いろんな人の思惑から、複雑になりたがる運命を背負っています。優秀な人であれば、その複雑なシステムを整合性を保ちつつ設計することもできますが、たいていの場合、設計が遅れ、製造も何かと手間取り、テスト時にも予期せぬ問題が噴出します。お客様には、コスト増や納期遅れという形で直接影響があるだけではなく、稼働後もその複雑なシステムを覚え、運用し、改修していかなければならないという十字架をしょい込むことになります。

過去のしがらみを思い切って断ち切り、まだ来ぬ未来はひとまず忘れ、現在の業務をできるだけ『Simple』に実現する。それが、コスト減のみならず、お客様自身の新たな未来をも切り開くと信じています。

『Simple』を保つことは、その言葉の意味ほど『簡単』ではありません。そこにもやはり確固たる信念とノウハウが必要になります。私たちは、常に『Simple is Best』を心がけていきます。

要件定義のススメ

その業務、システム化してみませんか?

 

「システム化の具体的なイメージがない。」

「いったいどれだけの予算が必要なのだろう?」

「本当に効果があるの?」

 

という疑問をお持ちの方、
要件定義を行うと、具体的なイメージもコストも効果も見えてきます。

 

「特に今のままでも困ってないなあ。」という方、 
あなたのお仕事のなかで、手間の掛かる作業はないですか?

めんどくさいと思うことはないですか?

よくミスをするところ、
忘れやすいこと、
ストレスのたまる作業、
つまらない作業はありませんか?

 

このようなこともシステム化してひとつずつ解決していけば、
もっと効率よく、楽に、気持ちよく作業ができて、経費も下がり、
ひいては余ったパワーで新しい試みにもチャレンジできます。

  

まずは要件定義をしてみましょう。

 

要件定義をすることによって、システムのカタチやコスト、効果が見えてきます。

そこで投資効率あり!と判断したら、
システム開発に踏みきればいいのです。

 

もし予算が足りないようであれば、まずはその中の一部だけ実現してみるとか、
保守を含めて5年程度の分割払いにしてみるとか、
方法はいろいろあります。

ですから、まずは要件定義を行なって、イメージを具体化してみましょう。

 

「でも要件定義にも費用が掛かって、
 もしコストが合わずにシステム化を取りやめにしたら
 結局、要件定義の分の費用が無駄になるんじゃないの?」

 

確かに、要件定義にも費用は掛ります。

ですが、要件定義書は、人の頭の中にある手順やノウハウを整理し、文書化することですから、
自分の組織の業務を把握し、見つめなおすには、とても重要な資料となります。

要件定義をまとめることによって、システム以外の部分も効率化していくことができます。

ですから私たちは、万一システム化しなくても決して無駄になるとは考えていません。

 

まずは、お話を伺わせてください。

 

要件定義の目次

業種やシステムの種類、現在のシステム化の状況により変わることがありますが、
基本的に以下のような目次になります。

 

第1章 現状把握

 1-1.現状のシステム概要図

      現在の情報の流れ、処理の流れを図式化します。
      問題点の洗い出しや、改善点の検討をするときに
      いつも机の上に広げられている資料となるはずです。

 

 1-2.現状の使用資源一覧

      現在働いている人の役割や場所、使っている機械などを洗い出します。
      特に人は、とてもフレキシブルな動きをしますので、ここを見逃すと
      融通の利かないシステムになってしまいます。

 

 1-3.現状の入出力情報

      現在、入ってくる情報はどんな形でどんな内容か
      出て行く情報はんな形でどんな内容かを洗い出します。
      詰まるところ作業の効率化は、
      INとOUTをどれだけ減らせるか、
      INからOUTまでの道のりをどれだけ簡素化できるかに掛かってきますので、
      ここはとても重要な作業になります。

 

 1-4.現状の問題点と改善案

      関係者にヒアリングしたり、書き出したりしてもらって、
      現状の問題点と改善案をピックアップします。
      いろいろな切り口でインタビューすることで、
      普段は気にしていない隠れた問題点も洗い出します。
      多くの場合、ここで出てくる現場の改善案が、ある程度新システムの方向を決定付けます。

 

第2章 新システム構想

 2-1.目的・効果

      目的と効果を謳います。
      形式的なものではなく、「何を一番大事にするか」を明確にすることで、
      システムの優先順位、作り方を誘導する道しるべとなるのが理想です。

 

 2-2.システム概要図

      新システムの情報の流れや処理の流れを図式化します。
      こちらも検討の際には、常に机の上に広げておく資料となるでしょう。

 

 2-3.機能概要

      機能の一覧とその概要説明を記載します。
      基本的には1画面1機能、1帳票1機能と考えてもらってかまいません。
      ちょっとしたポップアップ画面や、
      似たような帳票群はまとめて1機能とすることもあります。
      ほかには、裏で動くバッチ処理なども、1機能と数えることがあります。

 

      この機能概要ができれば、費用の見積もりが可能です。

 

 2-4.運用フロー

      2-3の機能で、実際に運用できるかどうかを確認するため、
      作業の流れに沿って機能の検証を行ないます。

 

 2-5.画面遷移図

      画面の操作をよりイメージしていただくため、画面の流れを図にします。

 

 2-6.主要画面の操作イメージ

      ほとんどのシステムでは、よく使う2つか3つの画面が作業時間の大半を占めます。
      この画面の具体的なレイアウト、操作イメージを深く検討することで、
      効果を最大限に引き出すことができます。

 
お仕事のご依頼・ご相談・お問い合わせ

お仕事のご依頼やご相談、その他お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。
なお、お電話でのお問い合わせは営業時間等により繋がらないこともございます。ご了承ください。

TEL:03-3495-2361  FAX:03-3495-2398
MAIL:
info@sbcnet.co.jp

会社案内

株式会社SBC
〒141-0031
東京都品川区西五反田1-25-1
                   KANOビル4F

Copyright (C) SBC Co.,Ltd. All Rights Reserved.