コラム

2014.07.31

クラウドインテグレータ

クラウドという言葉が登場して久しいが、恐らくここ1、2年が激動の年となる。 
かつてインターネットが単なるパソコン通信から抜け出し、 
爆発的に普及発展したように、 
いまクラウドは、単なるレンタルサーバから抜け出し、 
爆発的に普及発展しようとしている 
(クラウドの定義には、もっとすましたよくわからん説明がされているが、 
単なるレンタルサーバと考えると、とてもすっきりするし、 
多分そうはずれてはいない)。 
 
要は数の奇跡だ。 
 
数が増えれば便利なサービスが現れ、その便利さがさらに数を増やす。 
ひとたび波に乗れば、その勢いは、誰も手が付けられない魔物のように暴れだす。 
IT関連の記事では、もはや従来のSierでは生き残れず、 
Cier(クラウドインテグレータ)への転身が急務であると囃し立てる。 
それが本当かどうかはわからないが、 
「クラウド?なにそれ?おいしいの?」では、話になるまい。 
にわか仕込みではあるが、整理の意味も含め、 
ここに私の理解しているところのクラウド像を記す。 
目を通していただき、いやいやそれは違う、そんなもんじゃない、 
こんなもんまである、と教えていただければ、非常に助かる。 
 
┛ 
┛┛   すべてが劇的に安くなる 
┛┛┛ 
┛┛┛┛ 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃1┃初期費用が劇的に安くなる 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
オンプレミス(自社のシステムを外部に持つことをクラウドと呼ぶのに対し、 
自社内で管理するシステムをオンプレミスと呼ぶ) 
の時代は最初に用意しなけければならない「モノ」が山ほどあった。 
クラウドでは、これらのさまざまな「モノ」を用意する必要がなくなる。 
必要なモノを必要な期間だけ借りればよいのだ。 
まずサーバがいらない。 
バックアップ機器、ネットワーク機器、UPS装置もいらない。 
冗長構成(RAID、クラスタ、ホットスタンバイ、予備経路)もいらない。 
ラック、空調、電源工事は勿論のこと、 
それらの手配及び設置費もいらない。 
OS、DB、セキュリティソフト、バックアップシステムも 
購入ではなく、安く借りられる。 
物理的なセキュリティ対策も特に費用を掛けずとも、かなり万全だ。 
 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃2┃運用費が劇的に安くなる 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
新たにクラウド使用料は掛かるが、AWSの登場でそれは劇的に安くなった。 
オンプレミスで掛かっていた 
・各機器保守料 
・バックアップ管理(人件費) 
・停電対応(人件費) 
・故障対応(人件費) 
・電気代 
・場所代 
・物理的セキュリティ対策費 
が浮いた分で、まかなえるケースも少なくないだろう。 
 
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
┃3┃システム開発費が劇的に安くなる 
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
まずテスト環境が安く作れる。 
そして作る時間も短い。 
テスト環境も本番環境もデータセンター契約開始から環境整備まで 
数分から数時間程度でできてしまう。 
この時間が短縮できれば、 
環境整備に掛かる工数の削減のみならず、 
期間的余裕が少数精鋭の高生産性体制までも実現しやすくする。 
テスト環境は不要になれば返せばいいし、 
クラウドなので複数拠点での開発も問題ない。 
それだけではない。 
無償または激安のアプリやツール、サービス、テンプレートが山ほどあり、 
それらを組み合わせれば、「ほとんど予算がない」というお客様にも 
それなりの高性能なシステムを提供できる。 
 
*---< 無償クラウド >---* 
ちょっと小耳にはさんだだけでも以下のサービスが無償で提供されている。 
・POSシステム(Airレジ) 
・会計システム(Freee) 
・見積・請求システム(Misoca) 
・アンケートシステム(SurveyMonkey) 
・セミナー・イベント案内、参加受付(こくちーず) 
・会議、タスク管理(ChatWork) 
・名刺管理・顧客管理(Eight)            
・各種無料ストレージ 
 (DropBox、Evernote、Bitcasa、Copy、Googleドライブ、iCloud、 
  Nドライブ、One Drive、Yahoo!ボックス、SugarSync、 
  Amazon Cloud Drive、MEGA、楽天写真館、quanp、Pogoplugなど多数)   
・各種大容量ファイル転送サービス 
 (just beam it、GigaFile(ギガ ファイル)便、宅ふぁいる便、ファイルポスト、 
  データ便、firestorage、おくりん坊、ファイル転送便、FSEND.net、 
  FileQ、MEGAUPLOAD、Postfile.jp、Storage.Digital-write.jpなど多数) 
・メール、掲示板、顧客管理、人事・採用管など20以上の総合無料クラウド(Zoho) 
  ※但し、Zohoの無料枠はとてもせこくて、10人未満の組織向け。それ以上は有償。 
※ちなみに、この文章も通勤中に下書きをし、DropBoxに保管している。 
 
 
■□■ 【ちょいコラム】なぜ無償? ■□■□■□■□■□■□■□■ 
 
 広告収入で賄う会社もあるが、やはり広告が多いところは嫌われる。 
 最近は、多くの機能は無償で使えるが、 
 一部のサービスを有償で提供する「一部課金」が多いように思う。 
 
 これはオンラインゲームでよく用いられる手法だ。 
 オンラインゲームは、実はクラウドの走りである。 
 
 多くのオンラインゲームは、基本無料で遊べる。 
 そして一部のへビーユーザーからの課金で運営している。 
 一般にユーザーの5%が課金してくれれば、成り立つように計算しているらしい。 
 インフラの低価格化が、ユーザーの1万人や2万人タダで使わせても 
 ビクともしない環境を生み出し、 
 それだけ人が集まれば、活気が出て、課金ユーザーも出てくるし、 
 知名度も上がる。 
 
 顧客リストにも事欠かないから、いくらでも横展開ができる。 
 ベネッセではないが、名簿が非常に高い価値を持つ時代だ。 
 
 ゲーム業界は常にITの最先端を行く。 
 課金・非課金のバランスは、もはや神だ。 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
  
*---< オープンソース >---* 
また、世の中にはオープンソースという無償のシステム提供が 
これまた恐ろしいほどある。 
別にクラウド用というわけではないが、 
クラウドならちょっと環境作って、試して、消して・・・が気軽にできる。 
列挙してみよう。 
・ブログサイト(WordPress) 
・ECサイト(EC-CUBE) 
・SNS(OpenPNE、SKIP、MOONGIFT) 
・CMS(CMS Made Simple、Drupal) 
・教育管理ソフト・イーラーニング(Moodle) 
・グループウエア(Aipo) 
・仮想ネットワーク(SoftEter、OpenVPN) 
・MS Officeの代わり(OpenOffice) 
・圧縮ツール(7-Zip) 
・デジタル画像の作成・写真の加工(GIMP) 
・ブラウザ(Firefox) 
・Linux(Red Hat、CentOS) 
・DB(MySQL、PostgreSQL) 
 
*---< テンプレート >---* 
AmazonのAWSにしろ、MicrosoftのAzureにしろ、 
テンプレートというものがたくさん用意されており、 
基本的な動作環境や開発環境、DB環境は勿論、 
有名なオープンソースを用いた環境は、 
そのテンプレートを利用して、すぐにできてしまう。 
 
       ▼▽▼▽▼▽▼ 
        ▼▽▼▽▼ 
         ▼▽▼  
          ▼ 
 
これからは世の中に溢れるこうした 
アプリやツールやサービスを組み合わせて使い、足りない所だけ作る時代。 
そこで鍵を握るのが統一認証とデータ連携。 
いろんなクラウドを組み合わせて使うのはいいけれど、 
それぞれでログインしたり、 
同じようなデータを入力するのでは使いにくくてしょうがない。 
もちろんそこに目を付ける企業もたくさんあり、 
統一認証(オージス総研のThemiStructなど)や 
データ連携をサポートするサービス(Magic xpiなど)もある。 
クラウドインテグレータとして活躍するためには、 
これらのサービスを常に研究し、 
顧客に合ったシステムを低価格で提案できるようにならななければならない。 
こういう提案は予算がないところにこそ魅力的だし、 
カスタマイズの温床にもなりえるのだ。 
 
┛ 
┛┛   オンプレミスからクラウドへのマイグレーション(移住) 
┛┛┛ 
┛┛┛┛ 
新規に開発するなら先に述べた最新のクラウド動向に気を配る必要があるが、 
単にオンプレミスのシステムをクラウド化するだけなら、実に簡単だ。 
①AWSを借りる。 
 (DC(データセンター)は山ほどあるが、もはや悩む必要もない。 
  AWSとせいぜいAzureを検討すれば十分だ。 
  勿論各社太刀打ちしようとがんばってるけどね) 
②テンプレートを使って仮想サーバ環境を作る。 
③現行のオンプレミスのサーバから仮想イメージを作る。 
 ・Windowsシステムの仮想イメージ化(Microsoft Disk2vhd) 
 ・Linuxシステムの仮想イメージ化(vCenterConverter) 
 ・VM→Hyper-V変換(Microsoft Virtual Machine Converter) 
 ・Hyper-V→VM変換(vCenterConverter) 
④仮想サーバにコピーし、仮想環境実行。 
⑤SoftEtherでVPNのサーバとクライアントを作り、仮想LANを構築する。 
以上、これだけで従来通り、 
あたかも社内に置いているサーバのようにつながるはずだ。 
慣れれぱ1日足らずで移行が完了するシステムもあるだろう。 
 
┛ 
┛┛   さて、肝心のセキュリティは如何に? 
┛┛┛ 
┛┛┛┛ 
これまでクラウドの成長に歯止めを掛けてたいたのは、 
セキュリティに対する漠然とした不安だと思う。 
大切な機密情報を社外に持ちだして大丈夫なのか? 
いや本音を言うならば万一情報が漏れた時に、何故外に出したと責められないか? 
ここに来て爆発的に普及すると言うからには、 
このセキュリティが格段に向上したのではないかと推測していたのだが、 
調べてみても、特に新しい技術は見当たらなかった。 
結局のところコアなセキュリティ技術は、 
昔からある「パスワード」「証明書」「ファイヤーウォール」の3つだ。 
「パスワード」で個人を絞りこみ、 
「証明書」で端末を絞りこみ、 
「ファイヤーウォール」でIPアドレスやポートを絞りこみむ。 
SBCでもよく使ってるね。 
「証明書」に代わる認証手段として 
IDカード、USBキー、生体認証、第二暗証番号、ワンタイムパスワードなどもあるが、 
大差ない。 
一つひとつは破られる心配があるけれど、 
3つ揃えばそう簡単には突破できないのだろう。 
これが突破されるようならオンプレミスでも突破される。 
物理的な堅牢性や最新の侵入検知技術、侵入防止技術、ログ管理技術は、 
オンプレミスよりもよほどしっかりしていると言っていいし、 
複数拠点でのクラスタ構成にしておけば、 
大規模災害時の事業継続性においてもクラウドに分がある。 
何よりも心強いのは、大企業の英断による数多くの実績だ。 
あの大企業がやってるのだから、うちもやりましょう!と言えば、 
それたけで相当の説得力を持つ。 
というわけで、 
大事なデータを扱う組織こそクラウドを進めるべきなのだ。 
 
┛ 
┛┛   おわりに 
┛┛┛ 
┛┛┛┛ 
「安くて安全なんて、水道水ずるい」 
というフレーズを聞いた覚えがあるが、 
クラウドは、まさに「安くて早くて安全でおいしい」環境となりつつある。 
これからは、さらに猫も杓子もクラウド化され 
玉石混交のカオス状態となるだろう。 
インターネットならカオスの中でも「いいね」を指標に 
難なく使いこなされているようだが、 
クラウドの世界では、しばらく「水先案内人」が必要とされるはずだ。 
まだ十分間に合う。 
SBCでもたくさん試して、「水先案内人」のスキルを磨いて行こう! 
 
(T.Yoshii)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«7月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    フィード

    会社案内

    株式会社SBC
    〒141-0031
    東京都品川区西五反田1-25-1
                       KANOビル4F

    Copyright (C) SBC Co.,Ltd. All Rights Reserved.